めきょさんのブログ

社会不適合者のめきょさんが身体張ったり食ったり呑んだり見たりするレポを書いたらいかんのか?

31歳の誕生日プレゼントを「創ってもらう」ことにしました 中編

いきなり中編を見た方のためのあらすじ

↓カスタマイズしたバッグを買うことにしましたmekyonama.hatenablog.com

↑今ここ

「YOUTAバッグ」人形町本店に突撃!

f:id:mekyonama:20170528164649j:plainはい、というわけでやってまいりましたよ「水天宮前」!
ここは『東京シティエアターミナル T-CAT』というバスターミナルがあり、羽田・成田間を1時間ほどで結ぶバスが運行されております!
撮影しに行った日も、外国人(某番組風に言うならばYOU)がぎょうさんいましたねー!

f:id:mekyonama:20170528164723j:plain今回の目的地『YOUTAバッグ』はバスターミナルとは別の出口になる『7番出口』から徒歩3分!

f:id:mekyonama:20170528164731j:plain出口裏側の交差点目の前にある『水天宮』を目の前に見ながら左手側、浜町方面へと進みます。
僕自身あまり都東部に行ったことがないので、見るもの全てが「こんなもん地元にあらへんで…」という感じで驚きの連続です。っていうかそもそも環八除いたら道が3車線もあるほど広くないし。

f:id:mekyonama:20170528164802j:plain5月末、30度のカンカン照りの天気の中3分程直進すると…

f:id:mekyonama:20170528173703j:plainYOUTAバッグの本店に到着ー!

f:id:mekyonama:20170528164826j:plainあの番組で見た通り、「働く男を格好良く」というキャッチフレーズが!

f:id:mekyonama:20170528164905j:plainスーツのテーラーのような鞄屋。いい響きです。
拘りが価格に直結する「オーダーメイド」ってモノに対して縁遠い世界に住んでいたのでお上りさん待ったなしですが、深呼吸を数回してから入店じゃーい!

ウィンドウショッピング開始!

店内は見た感じ12畳〜14畳。
そのうち半分くらいがコの字型の実物ショースペースとなっております。f:id:mekyonama:20170528164907j:plain店内向かって左側がトートバッグスペース。
ノートパソコンと書類がギリギリ入る程度のカバンから、着替えやら洗面用具など出張や小旅行で使えるぐらいの大きさのカバンまで幅広い感じで揃っています。
見た目がやたら高そうに見えますが、平均1万円〜2万円ぐらい。言うてはアレだが見た目で判断したらいかんね。

f:id:mekyonama:20170528164910j:plainトートバッグ系の棚から右側、店内向かって正面のビジネスバッグとショルダーバッグも閲覧。
ちなみに、画像の左上端にあるカバンが4万ちょっとのカバン。今やそれがごっつ高く感じる。
いやそれぐらいが「普通」なんかも知れんけど。

f:id:mekyonama:20170528164911j:plainそして店内向かって右側がダレスバッグというバッグ。トートバッグやビジネスバッグと違ってチャックがなく、がま口みたいな閉じ口が特徴。見た目が「お医者さんが往診で使っているんじゃね?」って感じのアレ。
ちなみにこのコーナーだけ価格がちょっと割高で、平均2万円ぐらいでした。高いと5万ってのがあったような気がする。いやそれが普ry

はじめての「おおだあめいど」体験

f:id:mekyonama:20170528164914j:plain「ええな〜これもええな〜!」という感じで物欲オーラ全開で撮影していると、修理のため持ち込まれたバッグを実際に触らせていただけることに。
(本来はもうお客様のものに届いた後のもの、つまり他人の所有物なので厳密に言えば触れるなんてアホちゃうって話…らしいのですが、修理・清掃前だったこともあってご厚意で着用?させていただきました。ありがとうございます!) 

更に、神(店員さん)から「実物、肩にかけてみるか?(意訳)」とのお申し出を頂きました!
ありがとうごじゃいます!(噛んだ)

f:id:mekyonama:20170528165056j:plainおおっ!これはピンポイントかも知れん!
…が、「これよりも一つ上のバッグ(意味深)が欲しい」と思っていたので、思い切って「このバッグのショルダーストラップつきの実物ってありますか?」とお願いしてみたところ…

f:id:mekyonama:20170528165116j:plain流石にそこまで都合はよくありませんでしたが、商品棚から実物をお貸しいただけました!
うん、うんうん、これだ。これにつけられればええんちゃうかー!?

めきょ「ちなみにこれにはショルダーストラップってつけられるんですか?」

店員さん「余裕です。」

めきょ「はい、購入します( ˘ω˘)」

そこからはベルトコンベアーで作業するひとのように流れ作業にて送り先指定→クレジット決済→店員さんとアツい?握手をして終了!
カスタマイズ工賃も含めて14,000円!当初の予算のおよそ5分の1ぐらいで済みました。
貧乏ったらしいこと言ってる気がしますが、敢えて言うなら◯ン◯とか◯ル◯とかで売ってる3万円ぐらいのバッグと遜色がそれほどないバッグにゴテゴテしく?色々つけて2万円以内で収まると思わんかった。

カスタマイズは1日にして成らず

f:id:mekyonama:20170528164921j:plain今回お願いしたい「バッグのカスタマイズ」は最低でも3営業日、そこから発送なので合計でおおよそ1週間程かかるとのこと。
まぁ急ぎじゃないのでまた6月末に逢おう!

YOUTAバッグが我が家にやってきた

広告を非表示にする